日本の宗教

儒教 神道 仏教

日本の宗教は、神道と儒教と仏教が渾然一体とと成って、国家の平和と民衆の安穏な生活を支えています。

由って何れにも偏ること無く、ご自分の意思に従って、日々の糧にすることが大切です。

神道

 神道の基本は人類を、宇宙の一部の存在と捉えて特別視せず、相互依存関係にあることを自覚する事です。

 宇宙を含めた全ては、互いに平等で、弱肉強食の現実は、現実として捉え、常に尊敬と感謝の念を忘れぬ事です。

 

儒教

 儒教の基本は、人類社会において、人として平等であり、各自の分に応じ、各自の責に応じ、各自が比較と貪欲を抑制する事が、社会の安定と民衆の安穏に繋がると説く。

 

仏教仏教概説

秩父34観音巡礼記 板東33観音巡礼記 四国88ヶ寺巡拝記

 仏教の基本は、“ひと”の安穏と不穏は、“ひと”の過度な欲望と過度な比較に由って、満足の情が得られず、常に欲望を追い求めるが故に、失う事への恐怖を誘発すると説く。

 由って過度な欲望と過度な比較を抑制すれば、恐怖心は霧散し、幸福感が得られると説く。

 

kanshi.tokyo葛飾吟社   741.cc人と社会  741.jp漢詩詞講座  suzume.jp 随筆とエッセイ

あなたは累計人目の訪問者です。   日計
本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました